1. ダウンロードサイトからgwtを入手する
https://code.google.com/p/google-web-toolkit/downloads/detail?name=gwt-2.5.0.zip
2. 解凍

$ unzip gwt-2.5.1.zip

3. webAppCreatorを使ってプロジェクトを生成

$ ./webAppCreator -out ../HelloWorldGWT com.example.HelloWorldGWT

以下のパラメータが必須

  • -out: 出力先ディレクトリ
  • プロジェクト名 “fully-qualified” java的なパッケージ名を指定する必要があります。

4. 開発モードで動作確認
GWTはJavaでコードを記述してJavascriptにコンパイルする開発ツールですが、毎回コンパイルしながら開発しなくても良いように開発用ツールが用意されています。まずは開発ツールを利用して動作を確認します。

$ cd ../HelloWorldGWT/
$ ant devmode

開発ツール”GWT Development Mode”が開くので Development Mode タブで [Launch Default Browser]をクリックするか、[Copy Clip Board]をクリックしてURLをコピーしてブラウザのアドレスバーにペーストしてテストサーバーにアクセスできます。

この内容は本家サイトで確認できます。
http://www.gwtproject.org/gettingstarted.html

5. コンパイル
次にJavascriptにコンパイルして動作させてみます。

$ ant war

生成された、HelloWorldGWT.warをTomcatやJettyにデプロイします。