Zabbix 2.4 サーバーをUbuntu 14.04にインストールし、Zabbixエージェントを利用したリソース監視設定までを確認してみた手順をメモしてみました。

3 Installation from packages [Zabbix Documentation 2.4]」に沿ってパッケージインストールしてみます。(2015.8.14現在、2.4の公式ドキュメントはまだ翻訳中の様で英語のみです)

今回、試したシステム構成は以下の様な構成で、シンプルにZabbixサーバーを構築し、監視対象のホストを1つ追加します。
zabbix_system_configuration

Zabbixサーバー、エージェントをインストールしてリソース監視するサーバーともにOSはUbuntu 14.04、ZabbixのリポジトリはMySQLの構成でセットアップしていきます。

パッケージのリポジトリのインストール

$ wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.4-1+trusty_all.deb
$ sudo dpkg -i zabbix-release_2.4-1+trusty_all.deb
$ sudo apt-get update

パッケージのインストール

$ sudo apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php

Debian / Ubuntuの場合、データベースの構成もパッケージンストールに含まれています。

MySQL Serverのインストール時に表示されるrootユーザーのパスワード入力プロンプトの後に、Zabbix Server用のデータベース構成プロンプトが表示されます

本番環境ではちゃんとデータベースを構成する必要がありますが、今回は動作確認ができれば良いので、dbconfig-commonを使ってデータベースを構成します。
[Yes]を選択します。
zabbix_configure_zabbix_server_mysql_01

MySQLの管理者パスワードを入力します。
rootユーザーのパスワードを入力して[Ok]を選択
zabbix_configure_zabbix_server_mysql_02

Zabbixのリポジトリデータベースのユーザーzabbixのパスワードをセットします。
パスワードを入力して[Ok]を選択
zabbix_configure_zabbix_server_mysql_03
パスワードの確認、再度パスワードを入力して[Ok]を選択
zabbix_configure_zabbix_server_mysql_04

インストールが終了すると、Zabbix サーバーおよびZabbix Webフロントエンド用のApache2が起動します。

Zabbix サーバーへのエージェントインストール

デフォルトでZabbixサーバーが監視対象として設定されるので、Zabbixサーバーにもエージェントをインストールしておく

$ sudo apt-get install zabbix-agent

フロントエンド用のPHP設定

Zabbix用のApache設定ファイルのdate.timezoneのコメントを外して”Asia/Tokyo”に変更します。

<Directory "/usr/share/zabbix">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all

    php_value max_execution_time 300
    php_value memory_limit 128M
    php_value post_max_size 16M
    php_value upload_max_filesize 2M
    php_value max_input_time 300
    php_value date.timezone Asia/Tokyo
</Directory>

Apacheを再起動して、設定の変更を適用します

$ sudo service apache2 restart

フロントエンド インストーラの実行

フロントエンドのインストール手順については、4 Installation from sources2 Installing Zabbix web interfaceに記載されています。

http://<hostname>/zabbixにアクセスすると初回は以下の様なインストーラが表示されます。
[Next]をクリックしてインストールを開始します。
zabbix_installing_frontend_welcome

すべての前提条件が[Ok]であれば[Next]をクリック
zabbix_installing_frontend_check_pre_requests

パッケージインストール時に作成されたリポジトリデータベースのデータベース名、ユーザ名はzabbix、パスワードはプロンプトで入力した値、それぞれを入力して[Test connection]をクリックし、[OK]と表示されたら[Next]をクリック
zabbix_installing_frontend_configure_db_connection

Zabbixサーバーの設定、Zabbixサーバーはフロントエンドと同じ場所にインストールしているので、デフォルトのまま[Next]をクリック
zabbix_installing_frontend_zabbix_server_details

入力した値を確認して[Next]
zabbix_installing_frontend_pre_installation_summary

以上で、インストール完了。[Finnish]をクリック。
zabbix_installing_frontend_install

フロントエンドの表示

http://<hostname>/zabbixにアクセスするとログイン画面が表示されます。
zabbix_installing_frontend_login

Username / Passwordの初期値、admin / zabbixでログインすると以下の画面が表示されます。
zabbix_installing_frontend_dashboard

Zabbixエージェントのインストールとリソース監視設定

サーバーの場合と同様に、パッケージのリポジトリをインストール

$ wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.4-1+trusty_all.deb
$ sudo dpkg -i zabbix-release_2.4-1+trusty_all.deb
$ sudo apt-get update

Zabbixエージェントをパッケージインストール

$ sudo apt-get install zabbix-agent

ServerにZabbixサーバーのIPアドレス、Hostnameにエージェントが稼働しているホスト名”www”を、zabbix_agentd.confに設定

Server=192.168.33.10
Hostname=www

その他の各設定については公式ドキュメント「3 Zabbix agent (UNIX)」を参照

エージェントを再起動して設定を適用

$ sudo service zabbix-agent restart

監視ホストの追加

Zabbix Webインターフェースに戻り[Configuration] > [Hosts]を選択
初期設定でZabbixサーバー自身がホストに追加されています。
zabbix_configuration_hosts_zabbix_server

Zabbixサーバー自身の監視を有効化

Zabbixサーバーにエージェントをインストールしているので、有効にしておきます。
Zabbixサーバーの監視を開始すには、NameがZabbix serverの行で、[Status]列の[Disabled]をクリックします。
zabbix_configuration_hosts_enable_zabbix_server
確認ダイアログが表示されるので、[Ok]をクリック
zabbix_configuration_hosts_zabbix_server_enabled
有効になりました

ホストの追加
ホストの追加については、公式ドキュメント「1 Configuring a host」に記述されています

[Hosts]で、右上の[Create Host]をクリックするとホスト編集画面[Configuration of Hosts]が表示されます

zabbix_configuration_of_hosts_host_tab
[Host]タブのフォームには以下の値をセット

[Host name]に”www”
[Groups] > [In group]に”Linux Servers”
[Agent interfaces] > [IP Address]に”192.168.33.20″

[Template]タブを開き、[Link new templates]で”Template OS Linux”を選択し[Add]をクリック
[Linked templates]に”Template OS Linux”が追加されます
zabbix_configuration_of_hosts_templates_tab

[Add]をクリックして保存すると、新しくwwwが追加されていることを確認できます。
zabbix_configuration_hosts_new_host_added

以上が、Zabbixサーバーに監視対象ホストを1つ追加するところまでの手順になります。

参考記事

Zabbix 2.4.2 installation in Ubuntu/Debian
How to Install Zabbix Server on Ubuntu 14.04/12.04 LTS and Debian 7/6