Objective-C 用のライブラリ管理システム COCOAPODS のセットアップメモ

ほぼ、Adding Pods to an Xcode project の通りです。

0. COCOAPODSのインストール
COCOAPODSはRuby Gemなのでインストールは gem install を利用します。

$ gem install cocoapods

1. XCodeで新規からプロジェクトを作成します。「HelloWorld」というプロジェクトを作成しました。

2. Xcodeを閉じます。

3. プロジェクトのディレクトリに移動してPodfileを作成します。
ライブラリ pod は Podfile にしています。GemのGemfile、Composerのcomposer.jsonにあたるファイルです。

$ cd HelloWorld
$ vim Podfile
platform :ios ,'7.1'
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'

platform は iOS のバージョンを指定します。
CocoaPods Guides – Podfile Syntax Reference
platform の項目をみるとデフォルトのバージョンは “4.3” とあるので指定は必須っぽいです。

pod の説明は こちら にバージョン指定はのルールは gem と同じっぽい。

4. podをインストールします。

Podfileが編集できたら pod install でインストールを実行します。

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Installing DCIntrospect (0.0.2)
Generating Pods project
Integrating client project

[!] From now on use `HelloWorld.xcworkspace`.
[deprecated] I18n.enforce_available_locales will default to true in the future. If you really want to skip validation of your locale you can set I18n.enforce_available_locales = false to avoid this message.

5. .xcworkspaceを開く
Podfileでインストールしたライブラリを利用するには、.xcworkspace の方をXCodeで開いて開発します。

$ open HelloWorld.xcworkspace/

他のライブラリを追加するときは、1 – 5 の手順を行います。

実際には、ソースコードをgitで管理する場合など、考慮することなどがもう少しありそうですが、その辺りはまた別途まとめたいと思います。