FuelPHPでプロジェクト作成後 Bitbucketに作成したリポジトリのmasterブランチにpushするまでの手順をまとめておきます。

Bitbucketでリポジトリを作成:
Bitbucket-create-repository

リポジトリが作成されると、作成されたリポジトリのページが表示されます。
Bitbucket-created-repository
[私はこれまでに作ったリポジトリをプッシュします。]をクリックするとpushの手順が表示されます。
bitbucket-3

FuelPHPでプロジェクトを作成した後、この手順に沿って、Bitbucketに作成したHello FuelPHPリポジトリにpushしてみます。

FuelPHPプロジェクトの作成は、Hello FuelPHP を参考に作成してください。

oilコマンドでプロジェクトを作成した後、以下のコマンドで確認すると originfuel.git が指定されています。

$ git remote -v
origin	git://github.com/fuel/fuel.git (fetch)
origin	git://github.com/fuel/fuel.git (push)

そこで、手順の git remote add origin の行は、替わりに remote set-url コマンドを使います。

また、1.7/mastermaster に変更してからpushします(FuelPHPプロジェクトをgit管理するときにすべきこと を実行している場合は、すでにmasterになっています)。

以下、全体の手順です。

$ oil create fuelblog
...
$ cd fuelblog
$ git branch
* 1.7/master
$ git branch master
$ git checkout master
M	composer.phar
M	docs
Switched to branch 'master'
$ git remote set-url origin https://hendoh@bitbucket.org/hendoh/fuelblog.git
git push -u origin --all

[ソース]を開くと、プロジェクトのファイルがpushされたことが確認できます。
bitbucket-4

追記
プロジェクトを作成したら、まず FuelPHPプロジェクトをgit管理するときにすべきこと を実行しておいた方が良いようです。