Google AppEngine PHPからCloud SQLへ接続する

PHPのGoogle AppEngine アプリケーションからGoogle Cloud SQLを利用する手順について調べてみたのでまとめてみました。

公式ドキュメントのチュートリアルUsing Google Cloud SQLに沿って試してみた内容になります。
このページの解説では、かなり他のページも参照しながらでないと進められませんでしたので、ここでは以下の流れを1記事で解説しています。

  1. Cloud SQLのインスタンスを作成
  2. ローカルPC(Max OS X)のMySQL Clientから接続してアプリ用のテーブルを作成
  3. AppEngineからCloud SQLデータベースへ接続

Cloud SQLは、パフォーマンスや機能が改善された第2世代が利用可能になっていますが、2016.03.30現在ベータでAppEngineからの利用はできませんので今回は第1世代を利用しました。

AppEngineのプロジェクト作成とPHPのHello Worldについては前回の記事「Google App Engine PHP開発の進め方」を参照ください。
以下は、この後からの手順になります。
“Google AppEngine PHPからCloud SQLへ接続する” の続きを読む

Cloud SQL 第2世代にSQL Proxy経由でMySQLクライアントから接続するには

Cloud SQLは、2016.03.30現在ベータですが、パフォーマンスや機能が改善され価格も安い第2世代が利用可能になっています。

この記事では、第2世代から利用可能になった、Cloud SQL Proxyを利用し、ローカルPC (Mac OS X) のMySQL ClientからCloud SQLインスタンスへの接続を試した手順をまとめてみました。
外部ネットワークから接続する方法は、第1世代はIPを制限して接続を許可する方法のみでしたが、第2世代では、サーバーアカウントキーで認証してAPIを介して安全にデータベースへ接続できるようになっています。

第2世代は、AppEngineで利用できないなど制限がいくつかあります。
制限については、Google Cloud SQLとは?Cloud SQL Second Generation (ベータ)の制限で確認できます。

インスタンスの作成

Google Cloud SQLは、プロジェクトのメニュー[ストレージ]の[SQL]から利用できます。

Google Cloud SQL メニュー

初めて、利用する場合は、以下のように[インスタンスを作成]のボタンのみ表示されています。

Google Cloud SQL インスタンスの作成
※ 請求先アカウントを設定していないプロジェクトでは、左上に[課金を有効にする]ボタンが表示され、[インスタンスの作成]ボタンは表示されません。
お支払い情報を入力して請求先アカウントを設定する必要があります(無料試使用あり)。

[インスタンスを作成]ボタンをクリックしてインスタンスの作成を開始します。
“Cloud SQL 第2世代にSQL Proxy経由でMySQLクライアントから接続するには” の続きを読む