Docker入門 – Docker Toolboxで公開されているイメージの動作を確認する

Mac OS XにDocker開発環境を構築し、Dockerイメージの取得とコンテナの起動・停止、イメージの作成方法およびレジストリへのアップなどdockerを利用し始めるにあたって、これだけは抑えておくべきという基本的な内容についてまとめてみました。

Dockerは「Build, Ship, and Run Any App, Anywhere」と謳っているように、Dockerの仕組みでビルドされたアプリケーションは、Docker対応のプラットフォームであればどこでも簡単にデプロイできるようになります。

PHPのWebアプリの場合を例にすると、gitによるソース・サブモジュールの管理、Composeによるパッケージ管理、さらにフロントまわりのパッケージはnpmで管理していたりとビルド、デプロイのプロセスはかなり複雑になっています。そこに、Dockerを利用すると、Java EEの世界でアプリをWarファイルに固めてアプリケーション・サーバーにデプロイするような感覚で、開発環境でビルドしたものをテストし本番へデプロイすることが可能になります。

さらに、デプロイのプロセスが簡単になると、PaaSを利用する際に、PaaSごとの違いをDockerが吸収してくれるので、新しいPaaSを試す時などは、固有の仕組みを覚えるコストが小さく済みそうです。

Dockerそのものの概要については、公式には「What is Docker」に説明があります。
またアーキテクチャと各種用語については「Understand the architecture」にまとまっています。

周辺ツールも増えてきて、なかなか全体像を説明するのも大変なので、ここではDockerそのものの説明は飛ばし、dockerコマンドを打つとDockerイメージを作ったり、自分で作ったイメージや公開されているイメージをコンテナとして起動して簡単にアプリが起動できるものだくらいにまずは抑えておいて、DockerHubに公開されている公式イメージを利用したDockerの使い方についてまとめました。
“Docker入門 – Docker Toolboxで公開されているイメージの動作を確認する” の続きを読む