Force.comをmBaaSとして利用したハイブリッド(Cordova)アプリ開発

Force.comは、iOS、Android向けの、ネイティブ、ハイブリッドおよびモバイルブラウザ向けHTML5アプリケーションの開発環境とSalesforce Mobile SDKがあり、mBaaSとしても充実しています。

この記事は、APEXやVisualForcePageなど、Force.comがプラットフォームとして用意しているアプリケーション開発環境のコアなところを活かしつつ実用的なモバイルアプリケーションを素早く作成する手法として、iOS向けハイブリッドアプリケーションの開発について調べたことをまとめました。

ハイブリッドアプリケーション用のSalesforce Mobile SDKは、Apache Cordovaのプラグインとして提供されています。
そのため、開発にはCordovaの基本的な知識が必要となります。
Cordovaについては、前回の記事「Apache CordovaによるPush通知の実装 iOS版」を参照ください。

また、Cordovaは通常、アプリ内にhtmlやjsなどのアセットを含めてビルドしますが、ハイブリッドリモートという構成をとると、VisualForcePageなど従来からのサーバーサイドレンダリングの仕組みを活用することができます。

そこで、この記事では、iOS向けハイブリッド、かつハイブリッドリモートという構成のアプリケーションを作成するための手順について説明していきます。

iOS版のハイブリッドアプリの開発をさっと試すには、公式ドキュメントの「Getting Started with iOS Hybrid」が参考になります(対応する日本語記事も会ったような気がしたが見つからない)。こちらも併せて参照ください。

前提条件

Salesforce Mobile SDKで、iOS向けハイブリッドアプリを開発するには、以下のような環境や知識が必要です

  • Force.com開発の基本的な知識
  • node.jsコマンドを実行可能な環境
  • Apache Cordovaの実行環境と基礎的な知識
  • アプリを実機にインストールするためのXCodeとその操作に関する知識

この記事では、これらの内容については、扱いません。
“Force.comをmBaaSとして利用したハイブリッド(Cordova)アプリ開発” の続きを読む