Laravel Socialite でMicrosoft Graph (Office 365アカウント)認証する

前回の記事 「Laravel 5.8からMicrosoft Graph APIを利用する (公式ドキュメント編)」では、Micsoroft公式のチュートリアル ドキュメントに沿って、LaravelアプリケーションからMicrosoft Graph APIをOAuth認証プロバイダとして利用する手順について確認しました。

このチュートリアルは、OAuthの認証ロジックをleague/oauth2-clientを使って独自に実装していましたが、実際はLaravel公式のOAuth認証パッケージLaravel Socialiteを使いたいところです。

Laravel Socialiteは非常に多くの認証プロバイダーに対応しています。対応プロバイダーは、Socialite Providersで確認できます。
Microsoft Graphについてももちろん対応しています。

この記事では、Laravel Socialiteを利用してAzure ADのアカウントで認証を実装する手順について確認します。
Auth Scaffoldは使わず、つまりデータベース認証は使わずに、OAuth認証後にLaravel標準のAuthユーザとしてログインし、Auth middlewareを使って要認証のルーティングを保護する手順についても説明しています。

この記事に含まないこと

Azure ADに登録されたアカウントによる認証にのみフォーカスして説明しています。
Microsoft Graph APIを利用したデータの取得については説明しません。
よって、アクセストークンの更新についても言及していません。
“Laravel Socialite でMicrosoft Graph (Office 365アカウント)認証する” の続きを読む

Laravel 5.8からMicrosoft Graph APIを利用する (公式ドキュメント編)

LaravelアプリでOffice 365アカウントによるOAuth認証を実装するにあたって、公式ドキュメント PHP アプリで Outlook REST API を使用する方法 – Outlook Developer | Microsoft Docs の手順を確認してみたメモになります。

このブログの以前の記事「Office 365 REST APIを利用したRuby on Railsアプリの作成」でRuby on Rails版の確認をしていますが、そのPHP版になります。

公式ドキュメントでは、チュートリアル形式でAuthorization Code Flowの処理を一つ一つ実装し、詳細に解説していますが、実際には、これらの手順はLaravel Socialiteを利用すると簡単に実装できます。
そこで、この記事では、Azure ADにアプリケーションを登録し、チュートリアル サンプルを手元で動かし、手っ取り早くAzure ADに登録されたアカウントのアクセストークンをLaravelアプリから取得する流れを体感することができるようにまとめてみました。

Azure Active Directory 管理センター

Rails版の記事を書いていたのは2016年でしたが、その後新しいAzure ADの管理ポータル Azure Active Directory 管理センターがリリースされていました。

The new Azure AD Admin Console is GA!

2017年なのですでにだいぶ前ですね。

Azure Active Directory 管理センターには、直接 https://aad.portal.azure.com/ を開くか、Office 365の管理センターでAzure Active Directoryを選択して開くことができます。


“Laravel 5.8からMicrosoft Graph APIを利用する (公式ドキュメント編)” の続きを読む

Laravel 5.8 でのl5scaffoldの動かし方

LaravelにはRailsはCakePHPのようなScaffoldingがありません。
Laravel用のScaffoldパッケージはいくつかありますが、調べてみるとlaralib/l5scaffoldが最もよく使われているようです。
しかし、最後のコミットは2年前くらいで現在メンテナンスされていないようで、2019年8月時点でのLaravelのバージョン5.8では動きません。

最新版のコミットからパッケージをインストールして、1箇所ソールを修正すれば動きますので、対応した手順をまとめておきます。

‘laralib/l5scaffold’をインストール

composerでインストールします。

デフォルトのバージョンは1.0.10ですが、’dev-master’を指定すると、Laravel 5.4でIlluminate\Console\AppNamespaceDetectorTraitの名前がIlluminate\Console\DetectsApplicationNamespaceへ変更された点については対応されています。

$ composer require laralib/l5scaffold:dev-master --dev

Providerを登録

config/app.phpprovidersLaralib\L5scaffold\GeneratorsServiceProvider::classを追加します。

    'providers' => [
        ...
        Laralib\L5scaffold\GeneratorsServiceProvider::class ,
    ],

“Laravel 5.8 でのl5scaffoldの動かし方” の続きを読む

2019版 Laravel Homestead セットアップからhttpsによるアクセス手順まで

4年前の記事 Laravel homesteadを利用したLaravel 5 ローカル開発環境の構築 にLaravel Homesteadのセットアップ手順についてまとめましたが、久しぶりにLaravelを使う機会があったので、まとめ直してみました。

Windowsでもセットアップ可能なようにMacの手順と併記しています。

また今回はhttpsでのアクセスも可能なように、Homesteadから取り出した自己署名の認証局をPCにインストールする手順についてもまとめてみました。

前提条件の準備

VirtualBox 6.xのインストール

HomesteadはVirtualBoxのバージョン6.xに対応しています。
その他 VMWare、Parallels、Hyper-V にも対応しているようです。

ここではVirtualBoxを使います。
ダウンロードページからインストーラを入手してインストールします。 

Vagrantのインストール

Vagrantのダウンロードページからインストーラを入手してインストールします。

gitのインストール (なければ)

gitコマンドがインストールされていない場合(主にWindows)は、https://git-scm.com/downloads がらインストーラをダウンロードしてインストールします。
“2019版 Laravel Homestead セットアップからhttpsによるアクセス手順まで” の続きを読む

AWS API GatewayのバックエンドAPIをLaravel 5x Swagger-PHPで構成するには

Laravel 5で作成したAPIをAWS Elastic Beanstalkにデプロイし、AWS API GatewayのHTTPプロキシのバックエンドとする構成について確認したメモになります。

Swagger-PHPを利用して生成したSwaggerドキュメントをAPI Gatewayにインポートする場合、API Gateway固有の設定をSwaggerドキュメントに追加する必要があります。

ここでは、前の記事「Swagger-PHPについてLaravel 5.2で確認したメモ」で実装したAPIに、API GatewayのSwagger拡張を追加してSwaggerドキュメントを生成しなおしAPI Gatewayにインポートする流れで解説していきます。

システム構成

この記事の目的は、バックエンドのAPIをLaravelで実装した場合に、API Gatewayに統合するにはどんな感じか概要をつかむことです。

LaravelやRailsのような、フレームワークを利用してAPIのデプロイ先としては、AWSでは、マネジメントサービスを利用する場合、ElasticBeanstalkかContainer Serviceが選択肢となるかと思いますが、ここではより構成手順が少ないElastic Beanstalkを選択します。

それを踏まえ、簡単に図にすると以下のようになります。

api-gateway-and-laravel-api-on-elastic-beanstalk
“AWS API GatewayのバックエンドAPIをLaravel 5x Swagger-PHPで構成するには” の続きを読む

Laravel 5プロジェクトをElastic Beanstalkにデプロイ

Laravel 5で作成したWeb APIのswagger.jsonをAWS API Gatewayにインポートして動作を確認するにあたって、Laravel 5 APIの動作環境はElastic Beanstalkで簡単に用意してしまいたいと思い、Laravel 5 プロジェクトをAWS Elastic Beanstalkで動作させる手順について調べてみました。

LaravelをBeanstalkにデプロイする手順については、公式ドキュメント「Elastic Beanstalk への Laravel アプリケーションのデプロイ」にも説明があります。
こちらの内容は、Zipアーカイブを作成してアップロードする手順になっています。
この記事では「Symfony2 アプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイする」を参考に、Gitとebコマンドを使ってデプロイする手順を確認し、その内容をまとめています。

EB CLIのインストール

Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス(EB CLI)のインストールを参考にインストールします。

pipコマンドが使える環境であれば以下のコマンドでインストールできます。

$ sudo pip install awsebcli

“Laravel 5プロジェクトをElastic Beanstalkにデプロイ” の続きを読む

Laravel Angular Material Starter API認証周りの構成についてのメモ

Laravel Augnlar Material Starterは、フロントエンドにAngular Material、バックエンドAPIにLaravelを利用したシングルページアプリケーションを開発するためのスターターパッケージです。

Laravelは、Laravel ElixirというJavascriptやCSSなどのアセットをビルドするためのgulpタスクがフレームワークに予め含まれていますが、Laravel Angular Material Starterは、AngularJSとAngularJSベースのUIコンポーネントフレームワーク Angular MaterialをビルドするためにLaravel Elixirが予め構成されたLaravelプロジェクトと言った構成になっています。
また、フロントエンドのAngularJSから呼び出されるLaravel側のAPIに対する認証はJWTを利用します。

この記事では、主にフロントエンドのAPIの呼び出しと、バックエンドのJWT生成、検証に利用されるパッケージの構成について調べたことをまとめていきます。

含まれるパッケージ

Laravel Angular Material Starterには、2016.7時点でLaravel 5.2とAngularJS 1.5をベースに以下のパッケージが含まれています。

公式ドキュメントでは「Libraries involved」に載っています。

Composerパッケージ

Laravel側のパッケージは、バックエンドAPIおよび認証をサポートする以下のようなパッケージを含んでいます。

  • dingo/api: Laravel、LumenでRestful APIを管理するミドルウェアを提供するパッケージ
  • tymon/jwt-auth: Laravel、Lumen用のJWTの生成、認証の仕組みを提供するパッケージ
  • barryvdh/laravel-cors: Laravel、Lumen用のCross-Origin Resource Sharingを提供するパッケージ

“Laravel Angular Material Starter API認証周りの構成についてのメモ” の続きを読む

Swagger-PHPについてLaravel 5.2で確認したメモ

SwaggerのPHP実装であるSwagger-PHPの使い方についてLaravelプロジェクトで確認し、Swaggerとはどんなものか調査したメモになります。

Swaggerの全体像については、「RESTful APIの記述標準化を担うSwaggerとは? | NTT Communications Developer Portal」が参考になりました。

Swaggerを利用したアプリケーション開発は、まずSwaggerドキュメントを作成して、サーバーのスタブとクライアントライブラリを生成し、APIロジックとクライアントUIなどを実装していくような流れになるといったところのようです。
Laravelはありませんが、コード生成ツール swagger-codegen には、Laravelの軽量版であるLumen用のサーバースタブは生成可能です。

この記事では、Laravel 5.2プロジェクトでAPIを作成して、Swagger-PHPのアノテーションからSwaggerドキュメントを生成してSwagger-UIでテストするまでを解説します。
つまり、APIの開発とSwaggerドキュメントの開発は平行して行っていく手順を想定しています。

前提条件

この記事内容を試すにあたって必要な準備は、以下のとおりです。

  • Laravelの動作するPHPバージョンがインストール済み
  • Composerがグローバルにインストール済み
  • Laravel 5.2プロジェクトを生成済み

Laravelの実行環境をすぐに作るにはVagrant Homesteadが便利です。
Laravel homesteadを利用したLaravel 5 ローカル開発環境の構築」も参考にしてください。

Laravel プロジェクトに Swagger-PHP をインストール

Swagger-PHPを、ComposerでLaravelプロジェクトに追加します。

$ composer require zircote/swagger-php

“Swagger-PHPについてLaravel 5.2で確認したメモ” の続きを読む

Larval 5アプリをGoogle AppEngineで動かすには

AppEngineでLaravelを動かすには、Cloud SQLに接続するためのunix_socketの設定や、runtimeディレクトリへの出力をCloud Strageへ向けるなどの対応が必要になります。
これらに対応した設定を生成してくれるパッケージがGaeSupportL5です。
GaeSupportL5がサポートするLaravelのバージョンは5.1です。

この記事では、Laravel5プロジェクトにGaeSupportL5をインストールし、AppEngine、Cloud SQLおよびCloud Strageリソースを設定し、デプロイ、動作確認することろまでをまとめています。

この記事で作成するLaravel 5.1のプロジェクトはGithubにアップしてありますので、全体のソースはこちらを参照ください。
Github: hrendoh/trial-gae-support-l5

Laravelプロジェクトの作成

GaeSupportL5は、5.2にはまだ対応していないので、5.1のプロジェクトを作成します。

$ composer create-project laravel/laravel laravel5-gae "5.1.*"
$ cd laravel5-gae

“Larval 5アプリをGoogle AppEngineで動かすには” の続きを読む

Laravel 5.1 Broadcastig EventsでPusherを利用してリアルタイム更新アプリを作成するには

Laravelは、アプリケーション独自のイベントを実装する仕組みをフレームワークとして用意しています(参照: Events)。
5.1からこのイベントシステムに、PusherおよびRedis PubSubに対応したBroadcasting Eventsが追加されました。

Broadcasting Eventsを利用したリアルタイム更新アプリのチュートリアルが、sitepointにあったので、それを試しつつLaravelのEventについて調べてみたことをまとめてみました。

今回試した記事は、「Real-time Apps with Laravel 5.1 and Event Broadcasting」になります。

実装していくのは、以下のような構成で更新をリアルタイムに通知するToDoアプリです。
Laravel5.1 Bloadcasting Pusher Provider アーキテクチャ
新規にToDoの項目が追加されるとLaravelアプリはPusher APIを呼び出します。
Pusherはアプリを参照しているすべてのブラウザに更新を通知します。
通知を受けるとJavascriptからLaravelのAPIを呼び出し新しく追加されたToDoアイテムを表示する流れです。

Laravelの動作環境は、Laravel Homesteadを利用しました。
Homesteadの準備については「Laravel homesteadを利用したLaravel 5 ローカル開発環境の構築」も参照ください。
“Laravel 5.1 Broadcastig EventsでPusherを利用してリアルタイム更新アプリを作成するには” の続きを読む